大阪で二重整形をご検討の方へ

腫れぼったい・二重にしたいなどの
目のお悩みを解決します。

まぶたや目の整形について

まぶたや目の整形について

Eyes

二重整形 総論

もともと一重の方や奥二重の方があこがれるのはやはり二重ではないでしょうか。顔の印象が変わり、お化粧にも気合が入るこの二重整形は、昔から非常に人気です。アイプチでは満足できない方にもオススメで、費用もそこまで高いものではありません。ただし、失敗のリスクやダウンタイム、腫れなど不安に思われることもあると思います。しっかり本コンテンツを読んで頂き、それぞれのページに記載されている内容をご確認ください。

二重整形は大きく分けて2つ

二重まぶたを作る整形手術は美容外科では最も基本と言っても過言ではありません。二重整形の手術は、埋没法と切開法に大きく分けることができます。まずは二重がどのようにしてできているかを説明します。

①瞼(まぶた)には、「瞼板」呼ばれる板があり、そこに「眼瞼挙筋」という目を開けるための筋肉がついています。目を開けるとき、「瞼板」を「眼瞼挙筋」が図の矢印(→)に引っ張り上げるために瞼が開きます。

②埋没法や切開法の手術では、皮膚と瞼板の間をつなぐ構造を作ります。(図の赤い点線)

③皮膚と瞼板がつながると、眼瞼挙筋が瞼板を引き上げ、目が開いたときに、同時に皮膚も引っ張りこまれることになります。こうしてできた段差が二重の幅になります。

埋没法・・・は図の赤い点線部分を糸でつなぎます

この方法では、糸の緩みなどで幅が狭くなったり二重が取れる可能性があります。ただ、切る手術ではなく、糸を通して結ぶのみなので、腫れなどのダウンタイムは短くなり、糸を取ることで簡単に元の目に戻すことができます。

詳しく埋没法を知る

切開法・・・図の赤い点線部分に瘢痕による癒着を作ります

埋没法に比べ切開法では、内部の構造自体を変化させるため二重が戻る確立はかなり低くなりますが、適切な内部処理を行うことで、瞼の内側に存在している「眼窩脂肪」を除去したり、目の開きを調節したりすることが可能です。ただ、ダウンタイムの期間はかなり長引き、簡単に元の目に戻すことができません。

詳しく切開法を知る

Symptom

症例写真

どれだけ小さな相談や悩み事であっても、
まずは患者様の話をよく聞かせていただき、
理解・納得のいく十分な説明をすることをお約束します。

Other body region

その他の部位一覧

おかげさまで10周年