コンセプト

「全ての患者様により良い治療を低価格で提供する」

雅美容外科では、一人ひとりの「痛み」をまじめに考えます。

美容整形を考えるときに大きな壁となるのが「痛み」です。
「綺麗にはなりたいけど、きっと痛いんだろうな・・・」
そう思って、ためらわれている方も多いのではないでしょうか?
確かに、現在の利益第一主義の傾向が強まっている美容外科の世界では、コストや時間的な制約ゆえに、「痛み」に対して、ほとんどケアなく手術を行っているクリニックを多く見かけます。クリニック側からすると毎日行っている治療ですから、「少しくらい我慢してください」と考えがちかもしれません。

ですが、実際に手術を受ける患者様にとっては、プチ整形の小さな注射でさえストレスになります。
当院ではそれらのストレスや不安に真摯に向き合い、「痛み」をまじめに考えます。少しでも美容外科の敷居が下がるように努力しています。

眠って行う手術の時

患者様にとって一番楽な状態は「目が覚めたら手術が全て終わっている」事です。以前に他院で手術を受けた際、途中で目が覚めてしまい、痛く怖い思いをされた話はよく聞きますが、当院では基本的にそのような事はほとんどありません。特に脂肪吸引の時は、完全に終わった後に目が覚めるように麻酔を調整します。そのために、次のような手順を踏みます。

まず、前投薬と呼ばれる吐き気や痛みを抑え、眠気を誘う薬を注入します。
前投薬が効いてきてある程度ウトウトした状態で、本格的な鎮静作用がある薬剤を使用していきます。

手術中は吸引部位にも局所麻酔を行いますが、その際もpHを調整する薬剤を使用して、できる限り痛みを減らします。この処置を行うのと行わないのでは体への負担が大きく異なります。

それでも不十分な場合は、さらに数種類の吸入ガスを使用するので、途中での覚醒などはまずありません。また、これらのように麻酔濃度を深くする場合は、麻酔専門の医師の管理下で行いますので安心です。

眠らずに行う手術の時

ヒアルロン酸注入やボトックス注射などのプチ整形、二重まぶたや鼻プロテーゼなどの確認が必要な手術は、基本的には起きている状態で施術します。

この場合痛みを感じるのは、最初の局所麻酔の時です。麻酔さえしっかりと効いてしまえば、手術中に痛みを感じる事はほとんどありませんから、いかに局所麻酔時の痛みを抑えるかが、これらの手術の大きなポイントになります。

当院では局所麻酔やヒアルロン酸注入、ボトックス注射などの注射器で針を刺す手術での痛みを極力抑えるために、いくつかの特別な工夫を行っています。ナノニードルや鈍針は、注入時の痛みを抑えることはもちろんですが、血管や神経を傷つける事が少ないため、内出血を抑え、術後の腫れも軽減させる事が可能です。

1.ナノニードル

針を極度に細く加工し、さらに皮膚との摩擦を少なくする処理を施すことで、穿刺時の痛みと出血を軽減します。同じ内径でも明らかに細い針の使用が可能で、注入時の痛みと腫れを大幅に抑えることが可能です。注射跡も目立たないので昼休みに来院し治療を受け、そのまま仕事に戻られる方もいらっしゃいます。

ナノニードル

2.鈍針

先が丸くなっている針です。皮下組織のダメージを低減させるように設計された、新世代の針です。先が尖った通常の針と比べ、血管や神経組織へのダメージが少なく、内出血を抑制し、痛みを軽減します。また、近年問題になっているヒアルロン酸塞栓の予防にも大きな効果があります。

鈍針

3.笑気ガス

亜酸化窒素の別名で高濃度酸素と併用する吸入麻酔です。不安や恐怖心を軽減させ、気持ちを落ち着かせる作用があります。歯科治療などで広く用いられている麻酔です。

4.麻酔クリーム

麻酔効果がある13%リドカインクリームを塗り、表面の感覚を鈍くさせてから注射します。
塗ってから効果が現れるのに30分程度の時間がかかるのが難点ですが、広い範囲にも適しています。注射のみでなくレーザー治療などでも効果を期待できます。

どれだけ小さな相談や悩み事であっても、
まずは患者様の話をよく聞かせていただき、
理解・納得のいく十分な説明をすることをお約束します。

Other body region

その他の部位一覧