カラダ

部分的に痩せたい人や
全体的なスタイルについてのお悩みを解決します。

ベイザー脂肪吸引手術

Slimming

ベイザー脂肪吸引手術とは?

『ベイザー脂肪吸引』は脂肪吸引を超えた新治療と呼ばれています。

ベイザー脂肪吸引とは、アメリカの政府機関・FDA(アメリカ食品医薬品局)で承認を受けた機械を使用した脂肪吸引方法です。ベイザー波と呼ばれる振動エネルギーを発生させ、他の組織(血管、神経等)にはほとんどダメージを与えずに脂肪のみを選択的に遊離させます。
ベイザー脂肪吸引によって、最大で90パーセント以上の脂肪吸引に対して、ダウンタイムを極力抑えながら吸引することが可能になりました。ただし、ベイザーを利用すれば誰が手術を行っても高い効果を出せるわけではありません。ベイザーの使用で脂肪を簡単に大量に吸引できるため、凹凸が起こりやすく、技術的には従来以上のものを要求されます。豊富な脂肪吸引経験、3次元的なデザインセンス、確かな安全管理が絶対に必要です。

ベイザー脂肪吸引の特徴としては以下のようになります。

ベイザー脂肪吸引の特徴

1. 手術の痛み、腫れが少ない

ベイザー脂肪吸引は、振動エネルギーのベイザー波により、周囲の組織のダメージを抑えながら、脂肪組織のみを遊離させる医療装置です。これなら、脂肪組織を取り巻く繊維や血管、神経を温存しながら、柔らかくなった脂肪を、刃のないカニューレで優しく吸引除去することができます。

2. 手術後のダウンタイム(回復までの時間)が短い

ベイザー脂肪吸引ではベイザー波によって脂肪組織を遊離させ、遊離された脂肪組織のみを刃のないVentXカニューラで優しく吸引することで、血管や神経そして索状組織といった重要な構造組織にダメージを与えずに温存することが可能です。このためベイザーで施術した後のダウンタイムはとても短く、痛みや腫れ・青あざといったお体の負担が従来より少なくなっています。

3. 従来の脂肪吸引では不可能だった最大90%もの脂肪除去が可能

ベイザー脂肪吸引は、今までの脂肪吸引と違い、組織を断裂させずに脂肪を遊離しますので、皮下の繊維組織の構造を保ったまま、脂肪が除去できます。したがって、従来の脂肪吸引では困難だった皮膚直下の浅い部分の脂肪層や、固くなり繊維質化した脂肪(背中の脂肪)まで、根こそぎ吸引でき、体系にもよりますが皮下脂肪の最大90%までもの除去が可能になっています。今までのどの方法より痩身効果が高いのです。

4. 固い脂肪へのアプローチが可能

ベイザー波は固く繊維質化した脂肪組織にも有効にアプローチ可能ですので、背中や上腹部といった部位の脂肪吸引や、他院で脂肪吸引手術後の再手術も難なくこなすことができます。

5. 皮膚の引き締め(タイトニング)効果

ベイザー脂肪吸引では、皮膚と筋肉の間の索状組織の構造を保ったまま、脂肪組織のみを除去します。そして脂肪吸引手術後は、ダメージを受けずに残った索状組織部分が縮むことで、皮膚のタイトニング効果を発生します。

6. 脂肪吸引と同時にバスト・ヒップアップ

ベイザー脂肪吸引では脂肪注入(バスト・ヒップ)に適した若く活性の高い脂肪組織を効率的に採取できます。さらにベイザーで採取した脂肪組織には脂肪幹細胞が十分に含まれているため、生着率がよいのが特徴です。

<ベイザーでの脂肪吸引をお考えの方へ>

ベイザー脂肪吸引は、従来の脂肪吸引と比べ最大90%以上の脂肪を除去出来ますが、それだけ執刀医の技術が重要になります。当院のドクターは、脂肪吸引の症例数が年間1500部位以上で、患者様も日本全国だけでなく海外からもご来院頂いております。
当院では、ベイザー脂肪吸引にて患者様に安心して手術に臨んで頂けるように、術前にどのくらいの吸引をするかカウンセリングでお話させていただき、必ず術後に吸引した脂肪の量をお見せしております。
また、患者様のご要望によって手術時間も変わってきますが、カウンセリング時にどのくらいの手術時間がかかられるかもお話させて頂いており、出来る限り透明性を意識して、患者様に安心してベイザー脂肪吸引をお受け頂けるような体制を整備しております。
当院独自の「ベイザー脂肪吸引」×「シリンジ法」では、超音波により脂肪を遊離させる機械と、症例や経験を多く詰んだからこそ成せる職人技のシリンジ法を組み合わせて手術を行います。ベイザー波を広範囲に照射し、最大90パーセント以上の大量の脂肪を遊離、融解します。(ボリュームは体型にもよります。)その上で、デコボコになりやすいデリケートな部位や、太いカニューレでは取り残しになる部位を、重点的にシリンジ法で吸引することにより、大容量の脂肪を一気に吸引しつつも、3次元的な美しい滑らかなシルエットを作り出すことが可能です。

脂肪吸引をお考えの方

<吸引した脂肪は必ず見せてもらいましょう>

脂肪吸引経験が豊富にある医師であれば、手術前に大まかな吸引量の目安が分かります。
実際に吸引した脂肪をみせてもらえるクリニックであれば、術前のカウンセリングの精度も上がります。どれくらいの脂肪量が取られるのかは、カウンセリング時に必ず聞くようにしてください。

<ドクターの症例数、経験について>

脂肪吸引に限った事ではありませんが、執刀する医師の症例数や経験はクリニック選びにおいて最も重要な要素の1つです。最近ではほとんど経験がない医師による美容外科での医療事故が多発しています。
執刀医個人の年間での脂肪吸引の症例数を聞いてみることも重要です。

<術後のダウンタイムについて>

従来の脂肪吸引に比べて、ベイザー脂肪吸引では手術後のダウンタイムをかなり短く抑えることができます。しかし、どのような脂肪吸引であっても脂肪の吸引量が多くなればそれだけで腫れや内出血は増えてしまいます。クリニックによっては完全無痛や翌日から全く腫れがないなどと宣伝している所もありますが、腫れがでない脂肪吸引はありません。逆にいえば腫れがほとんどない=ほとんど量を取らないということです。いくらダウンタイムが無くても細くならないのであれば手術を受ける意味がありません。やはり吸引量などを参考にすることが必要になります。

ベイザー脂肪吸引のメカニズム

ベイザー脂肪吸引では麻酔液(チュメセント液)を注入した後、脂肪を吸引したい部位(施術希望部位)の組織内にプローブという細い棒を挿入します。機械本体にコードで接続されたプローブの先端から、ベイザー波という高周波振動波が発生します。このベイザー波で「ブドウの房からブドウの実のみを振り落とす」ように脂肪組織が周囲の索状組織や血管・神経から落とされます。プローブの抜き差しや移動を繰り返すことで施術希望部位の脂肪組織を振り落とすことができます。そしてさらに振り落とされた脂肪組織を吸引効率の良いVentXカニューラとよばれる吸引管により吸い出すことで周囲の組織をダメージすることなく効果的に施術希望部位の脂肪組織のみをたくさん除去できるのです。

『脂肪の乳化、除去、皮膚の引き締めのメカニズム』

1. 麻酔液を皮下脂肪層に満たします

1. 麻酔液を皮下脂肪層に満たします

皮下脂肪のあたりを断面で見ると、表面から皮膚(表皮・真皮)、脂肪層、筋肉層の順番に並んでいます。つまんでつまめるのが皮膚と皮下脂肪です。まずは麻酔液を皮下脂肪層に満たします。

2. ベイザー波で脂肪のみを乳化させます

2. ベイザー波で脂肪のみを乳化させます

従来の脂肪吸引では皮膚と筋肉とをつないでいる繊維組織を断裂します。
ベイザー脂肪吸引では脂肪組織だけに作用する振動エネルギーのベイザー波で、繊維組織を断裂させることなく、脂肪のみを遊離させることができます。そのため、従来の方法でおこるような内出血を少なくすることが可能です。

3. 刃の内ないカニューレで 脂肪だけ根こそぎ吸引します

3. 刃の内ないカニューレで 脂肪だけ根こそぎ吸引します

従来の脂肪吸引では、刃がついた器具で脂肪を削り取りながら吸引しますが、ベイザー脂肪吸引では遊離した脂肪を、刃のない器具で根こそぎ除去します。そのため内出血や炎症が従来の脂肪吸引より少なくなります。

4. 繊維組織を保った状態のため 皮膚を引き締めます

4. 繊維組織を保った状態のため 皮膚を引き締めます

ベイザー脂肪吸引は繊維組織を壊さない方法です。繊維組織はゴムのように弾力があり収縮するので、皮下脂肪を大量に除去しても、従来の脂肪吸引でおこるような皮膚のたるみが生じにくくなります。

ベイザーは必要ない?ベイザーよりもよくとれる!?

当院での脂肪吸引はかなりの数になります。日によっては一院で4.5件の脂肪吸引手術を行っており、中には他院で一度吸引を受けた方の修正再手術の場合もあります。
これは先日修正再手術を行った患者様の事例なのですが、この患者様はもともと他院で脂肪吸引を行った際に「ベイザーは必要ない!うちのやり方はベイザーよりよくとれる!」と自信満々に言われたことが決め手となりそのクリニックでの手術を決められたようですが、結果、残念ながら凸凹と取り残しが発生してしまっていました。患者様は、そのクリニックに修正手術を依頼しに行かれたそうですが、全く相手にしてもらえなかったそうです。それでもあきらめきれず、当院に修正希望のご相談で来院されました。前のクリニックでベイザーはいらないと言われたことと、予算もできる限り抑えたいとのご希望があり、通常のシリンジ法での脂肪吸引で修正再手術を行うことになりました。

いざ再手術を行ってみたところ、麻酔液を注入する時点でガチガチで管が通らない。無理やり部位を広げ脂肪吸引を行いましたが、吸引されてくるのはほぼ麻酔液で、脂肪は天カスのようなサイズのものが数えられる程度に浮いているだけでした。これではと思い、急遽ベイザーに変更し、丁寧に超音波をあて吸引すると驚くほどスムーズにきれいな脂肪が取れだしました。

ベイザーの良さはよく知られています。使用したことがある医師なら認めない人はいないでしょう。同じような体型でも取れる量は大きく異なり、仕上がりも断然キレイになります。ただ、実際に同一の患者様の同一部位に、「ベイザーを当てずにそのまま吸引する場合」と「ベイザーを照射してから吸引する場合」で比べた経験がある医師は少ないのではないでしょうか?当院でも初めての経験で、その脂肪の取れ方と量の違い、吸引されてくる脂肪の性状の違いにスタッフも含め皆驚かされました。
どんな医師が使ってもベイザーできれいにできるわけではく、確かな技術と経験はベイザー脂肪吸引手術には絶対に必要な条件です。そういった観点からベイザーの導入にはある程度のハードルはあります。しかし「導入ができなかった」という理由でベイザーを否定し(今回は否定のみならずベイザーより優れているとカウンセリングではっきり伝えられていた)本当に優れた治療を提供しない(できない)ことは、患者様に対して不利益にしかなりません。今回のケースでは、否定のみでなく、より良いと言われ受けた手術が不利益につながっています。よく話を聞いてみると、そのベイザーを否定した医師は、実際にベイザーを使用したことがないとのことでした。相当数使用し、その答えを自分なりの結論で話すならばともかく、使ったこともない機械を否定した結果、患者様は手術を2回も受けることになったのです。

確かに全員にベイザーでの脂肪吸引が必要だとは決して思いません。患者様それぞれの理想、ライフスタイルにあった方法を選択するべきでしょう。手術を選択するのは患者様本人であり医師ではありません。
ですが、そのために正しい情報を伝える事が医師の義務です。

Q&A

<太ももがダイエットしても細くならないのですが改善できますか>

早期に確実で安全な効果を望むなら、ベイザーによる脂肪吸引でしょう。脂肪吸引は狙った脂肪を直接吸引し、脂肪細胞を確実に減らしますので、リバウンドもありません。ただ、脂肪吸引はそのクリニックの技術、ドクターの技量など大きく関わってきますので、クリニック選びは慎重に行って下さい。
雅美容外科が行っているベイザー脂肪吸引は、他の脂肪吸引より多くの脂肪が吸引できるだけでなく、皮膚の収縮力が高いため仕上がりが良く、ダウンタイムも短いのが特徴です。
さらに当院では手作業でのシリンジ仕上げを行います。これにより大量の脂肪を吸引しながらも美しく滑らかなラインを出すことが可能です。

<脂肪吸引を受けた後のことが不安でなかなか決心できません。>

ベイザー脂肪吸引は現在の脂肪吸引の中では優れた施術方法です。従来以上の脂肪を、ダウンタイムを抑えて吸引することが可能です。もちろん、全身全ての脂肪が余さず無くなるわけではありませんが、年齢とともに代謝が落ち、なかなか痩せにくくなったという方や、どれだけダイエットをがんばってもこの部位だけは変わらないといった方にはベイザー脂肪吸引は適した方法です。脂肪吸引をきっかけに、有酸素運動を取り入れたり生活習慣を改善したりすることで、さらに理想的な体型に近付く事も可能でしょう。ただし、美容外科の手術は決して無理に受けなければならないものでもありません。まずはお気軽にご相談にいらしてください。

<他の脂肪吸引法とベイザー脂肪吸引のダウンタイムの違いを知りたいです。>

一度他の方法で脂肪吸引をされたことがある方には、より実感していただけるかと思います。腹部の脂肪吸引程度の場合、事務仕事などあまり激しい動作を伴わないお仕事であれば、2,3日安静が望ましいですが、中には手術後翌日から出勤される方もいらっしゃいます。

<下腹の脂肪吸引を考えていますがリバウンドはしないのでしょうか?>

ダイエットが細胞を小さくするのに対して、脂肪吸引は細胞の数自体を減らします。数が減るので簡単にリバウンドはしません。しかし、腹部は内臓脂肪の影響も大きく受けます。内臓脂肪が多く脂肪吸引の効果が少ない方は、カウンセリングではっきりお伝えしますのでご安心ください。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

<お尻と太もものベイザー脂肪吸引を受けるついでに豊胸する事は出来ますか?>

吸引した脂肪で豊胸を行うことはもちろん可能です。ただしそのためには、良質な脂肪を十分量採取する必要があります。ベイザー脂肪吸引では痩せている方でもある程度までしっかりと吸引することができ、また適切な出力にすることで、注入に適した脂肪を採取することが可能です。

<ベイザー脂肪吸引後の皮膚のたるみは!?>

一般的に脂肪吸引後は皮膚があまるのでたるみが出現しますが、ベイザー脂肪吸引の特徴にはタイトニング効果があります。脂肪以外の組織を壊さずに吸引できるため、通常の脂肪吸引に比べてたるみの出現を抑えることができます。

<二の腕、脇、肩甲骨の脂肪吸引は可能ですか。>

腕の付け根や背中は脂肪が硬いため、通常の脂肪吸引での効果はあまり望めません。ベイザー脂肪吸引は固い脂肪でも選択的に溶解させることができ、こういった部位の脂肪吸引でも限界まで行うことが可能です。以前、他院で背中の脂肪吸引をしたが細くならなかった方でもあきらめずにご相談ください。

<脂肪溶解注射で効果がなかったのですが・・・>

脂肪溶解注射はダウンタイムや体の負担は少なく抑えることができますが、何回も繰り返してやっと実感が少し湧く程度です。脂肪溶解注射のみで満足するまで痩せることはほとんどありません。ベイザー脂肪吸引は、現状では優れた脂肪吸引と言えます。今までの脂肪吸引手術に比べ、ダウンタイムが少なく吸引量も圧倒的に多くなります。理想の体型にもよりますが、細くなった実感がでないことはほとんどないでしょう。

<脂肪吸引した部分の内出血、あざは消えますか?>

ベイザー脂肪吸引は、従来の脂肪吸引よりダウンタイムや体への負担を抑えることができますが、手術である以上ある程度の内出血や腫れは出現します。ただし、そういったものが術後消えずに残ることはありません。部位にもよりますが、内出血は2、3週間程度、内部の硬さは2、3カ月でなくなることが一般的です。

<お腹の内臓脂肪を減らすことはできますか?>

腹筋に力を入れた際、その上のつまめる部分が多ければ脂肪吸引の効果も高くなります。
内臓脂肪は脂肪吸引では除去できませんが、周りを覆っている皮下脂肪を吸引することでダイエット等の運動を楽にし、内臓脂肪を減らしやすくすることはできます。

<手術後の腫れや痛みはどの程度続きますか?>

従来の脂肪吸引では体への負担、ダメージが大きいことで、仕事や学校へ復帰するまでに相当の時間を要していました。ところが、ベイザー脂肪吸引では、脂肪以外の組織へのダメージを大幅に減らすことができるため、事務仕事程度であれば翌日から復帰される方もいらっしゃいます。やはり吸引する部位、吸引量によって変わってきますが、従来の脂肪吸引手術のように1週間動けないようなことは決してありません。ただし、いずれにしても、手術後2週間は急性期と呼ばれる時期です。御無理はなさらないようにしてください。

<太ももの内側と外側を受ける場合どのくらいの脂肪が取れますか?>

もちろん体型により変わってきますが、かなり痩せ形の方でも2リットル近く取れます。多い人は5リットルを超えることもあります。腫れを少なくするために吸引量を抑えるクリニックも少なからず見受けられますが、細くならないのであれば脂肪吸引を受ける意味はありません。

<脂肪吸引で後遺症は残りませんか?>

最近はチェーンクリニック等での脂肪吸引事故がよく報道されていますので、体への危険を心配されている患者様も少なからずいらっしゃいます。ただ、正しい知識、技術、手術体制で行う限り決して危険な手術ではありません。当院では年間1500部位以上の脂肪関連の手術を行っていますが、もちろん事故などは一切ございません。

<通院なしで1回受けに行くだけというのも出来るのでしょうか?>

当クリニックには日本全国はもちろん、海外からも多くの患者様が御来院されます。事前に電話にてカウンセリングを受けて頂き、お近くの病院で採血検査をしていただければ一度の御来院のみで手術を受けられる方も多数いらっしゃいます。術後の抜糸を不要にすることも可能ですのでお気軽にお問い合わせください

<50歳代後半ですがこの年でも脂肪吸引は可能ですか?>

もちろん可能です。正しい技術で行う限り決して危険な手術ではありません。ただ、持病がある場合などはしっかりと検査をした上での手術となります。

Symptom

症例写真

どれだけ小さな相談や悩み事であっても、
まずは患者様の話をよく聞かせていただき、
理解・納得のいく十分な説明をすることをお約束します。

Other body region

その他の部位一覧