大阪でピコレーザーによるシミ治療をご検討の方へ

プチ整形(ヒアルロン酸・ボトックス)

唇の厚さやあごの形のお悩みを解決します。

ピコレーザーによるシミ治療

Minor cosmetic surgery

加齢とともにシミの色は濃くなり、また数も増えていきます。女性であればきれいな肌でありたいと誰もが望むと思います。そのお悩みにおすすめするのがピコレーザーによるシミ取り治療です。

大きく目立つシミから細かく量の多いシミまで、ピコレーザーが解決致します。部位も顔から体の気になる部分までどこでも照射が可能です。

ピコレーザーによるシミ治療

今まで一般的に使用されてきたレーザーはパルス幅が「ナノ秒」であるのに比べ、ピコレーザーはさらにその1000分の1秒の「ピコ秒」という非常に短いパルス幅で照射されます。レーザーは照射時間が短ければ短いほどメラニン色素を細かく破壊することができ、皮膚へのダメージも少なくなります。さらにピコレーザーのシミ治療は、従来のレーザーに比べ、少ない回数での治療、皮膚へのダメージの減少、より高い安全性、を実現しました。

ピコレーザーの特徴

従来より短期間での治療が可能

従来のレーザーに比べ、ピコレーザーは色素の粒子をより細かく破壊できます。
細かく破壊された色素は、体の代謝機能で排泄されやすくなるため、少ない治療回数でシミ・くすみ等を除去することが可能です。

※治療回数は、個人差があります。

痛みが少ない

従来のレーザーでは、照射する際に熱が発生し、周囲の組織にダメージを与えてしまうことで痛みが発生していました。ピコレーザーはピコ秒という非常に短時間のレーザー照射のため、周囲の組織に与えるダメージが少ないことにより痛みも少なく、皮膚へのダメージを抑えることも可能となっています。

こんな方におすすめ

  • シミが目立つ方
  • 従来のレーザーを試したがシミを除去できなかった方
  • 短時間でシミを除去したい方
  • シミを綺麗に除去したい方

ピコトーニング

ピコトーニングとは

ピコトーニングは顔にピコレーザーを薄く照射することで皮膚にダメージを極力与えることなく、色素を破壊します。複数回照射を行うことで、シミやくすみが取れ、肌全体のホワイトニング、皮膚の若返りの効果を期待できます。

肝班について

トーニングは波長が長いため、皮膚の深いところにある肝斑のメラニン色素にまでレーザーを届けることが可能です。その結果、これまで治療が難しいとされていた肝班も、ピコレーザーなら従来の約1/2の治療回数で薄くすることが可能となりました。

こんな方におすすめ

  • シミ、くすみ、肝斑を治したい方
  • レーザー治療を受けられないと言われた方
  • 毛穴、小ジワ、にきび跡などが気になる方
  • まわりに気づかれず自然にきれいになりたい方
  • 従来のレーザーでは効果を実感できなかった方

Symptom

症例写真

どれだけ小さな相談や悩み事であっても、
まずは患者様の話をよく聞かせていただき、
理解・納得のいく十分な説明をすることをお約束します。

Other body region

その他の部位一覧