胸-豊胸・バストアップ・乳輪/乳頭の悩み|大阪・心斎橋、関西方面の美容整形は大阪 雅-miyabi-美容外科

大阪雅-miyabi-美容外科

胸の大きさ・形やハリのお悩みをを解決します。

注目の情報

モバイル版

胸

コンデンスリッチファット(CRF)豊胸術

もともと脂肪注入豊胸は、プロテーゼ(バッグ)やヒアルロン酸等の異物を利用した豊胸と比べて、安全性の高い手術と言われてきました。しかし、生着率(期待できる大きさ)の低さ、術後の感染・シコリ等の後遺症、合併症、リスクなど、いくつかの問題を抱えていたことも事実です。
コンデンスリッチ豊胸術では、それらの問題を大きく改善することが可能になりました。

大阪雅美容外科 CRF豊胸術の特徴
1.脂肪の定着率の
大幅なUP
従来の脂肪注入はもちろん、これまでに最高峰といわれていた脂肪幹細胞注入をも大きく上回る脂肪注入定着率を実現。
2.後遺症、合併症の
リスクを抑える
プロテーゼ(バッグ)やヒアルロン酸の豊胸では、異物感や破損、胸の拘縮・変形等のリスクを伴いますが、自身の脂肪を注入する豊胸では、こういったリスクがありません。
また、生着率が上がることで、今まで大きな問題となっていた脂肪壊死による炎症を抑え、死活・破損細胞片などの不純物を除去することで、シコリ・石灰化のリスクを下げることができます。
3.体への負担の軽減 直径数mmの穴で注入が可能なので、術後の痛みは少なく、傷跡の心配もほとんどありません。
また、手術時間も、脂肪幹細胞注入に比べ大幅に短くなりました。
4.豊富な症例実績、
高度な技術
大阪雅美容外科では、年間1000件を超える脂肪関連手術が行われています。吸引よりも高度な技術が必要とされる脂肪注入においては、大胸筋内、筋膜上下、乳腺下、皮下と、細かい層に分けて、なめらかに注入することで、リスクを抑え、定着率を上げています。
5.術後の通院回数を
抑えることができる
当院には、全国はもちろん、海外からも多数の患者様が来院されます。プロテーゼバッグによる豊胸では術後にマッサージのため定期的な来院が必要となりますが、遠方にお住まいの方にはなかなか困難です。
脂肪注入豊胸は、身体への負担を抑えることが可能で、手術当日の来院のみにすることもできます。

豊胸施術比較

ヒアルロン酸
注入
シリコンバッグ 脂肪注入 脂肪幹細胞
注入
コンデンス
リッチファット
注入
治療内容 ワキの付け根、アンダーバストなどから、注射器でヒアルロン酸を注入する。 通常、ワキの下から、胸筋をはがしてスペースを作り、人工のバッグを挿入。 吸引した自分の脂肪を、専用の器具を使いバストに注入する。 吸引した自分の脂肪組織から幹細胞を抽出し、注入用脂肪とともにバストに注入する。 吸引した自分の脂肪をコンデンス(濃縮)技術により、濃縮脂肪細胞(CRF)とし、バストに注入する。
適応 痩せ型から肥満体型すべて 痩せ型から肥満体型すべて
(ただし、やせ型だと不自然になりやすい)
標準体型から肥満体形まで 肥満体型のみ
(十分採取脂肪があること)
痩せ型から肥満体型まで
触感 グミのような触感
(脂肪より固い)
バッグの種類を問わず、多少の違和感があり。 自然
(しこりが生じることあり)
自然 自然
自由 バッグの形に依存 自由 自由 自由
サイズ 0.5カップ程度 2カップ以上も可能 0.5~1カップ程度 1~2カップ程度 1~2カップ程度
定着率 - - 約30~40% 約80%
(理論値)
約80%
(263例のデータ)
持続効果 1~2年で吸収される 半永久的
※破損、拘縮があれば取り出し
長い 長い 長い
施術時間 30分 約1時間 約2時間 最低でも6時間 約2時間半
注入する
脂肪の質
- - コンデンスされていない脂肪
(死活・老化細胞を含む)
コンデンスされていない幹細胞脂肪
(死活・老化細胞を含む)
コンデンスされた健全な脂肪細胞(CRF)
FDA公認 なし バッグの種類による - なし※1 あり※2
術後の痛み ほとんどない 非常に重い 比較的軽度 比較的軽度~中等度
(吸引量が多い場合)
比較的軽度
主な合併症 しこり カプセル拘縮 石灰化、脂肪壊死 少ない 少ない
メリット 注射をするだけの即効性 短時間で、やせ型でもすぐバストアップできる 脂肪吸引による痩身効果もある 脂肪吸引による痩身効果もある 脂肪吸引による痩身効果もある

※1オプション:セリューションのみ自己血輸血装置として認可(脂肪注入用、美容外科領域に認可されていない)
※2オプション:自己脂肪注入(チュメセント注入・脂肪吸引・脂肪細胞収集・フィルタリング・脂肪注入)にて、体と顔に臨床使用する

症例

施術前/施術8週間後

技術の特徴(ウェイトフィルター)

1.ウェイト効果

通常の遠心分離の約25倍のG(圧力)をかける

ウェイト効果

2.フィルタリング

コンデンスリッチファットと
排泄オイル(トリグリ)を分離

ウェイト効果

3.空気に触れないプロセス

全てのプロセスを
空気に触れないシリンジ内で行う

ウェイト効果

胸の美容整形を大阪でお考えなら|大阪雅-miyabi-美容外科