アンチエイジング(しみ・しわ・たるみ)-コンデンスリッチファット(CRF)アンチエイジング|大阪・心斎橋、関西方面の美容整形は大阪 雅-miyabi-美容外科

大阪雅-miyabi-美容外科

メスを使わずヒアルロン注射やボトックス注射でお悩みを解決します。

注目の情報

モバイル版

アンチエイジング

コンデンスリッチファット(CRF)アンチエイジング

最近の顔のアンチエイジングは、シワやくぼみを「埋める」ボリューム形成が主流となってきています。直接シワを持ち上げて埋めるのはもちろんですが、くぼみを膨らます事により、間に挟まれて目立っていたタルミを改善することも可能です。それでは何を使って「埋める」か?が問題になるのですが、これまでの美容外科では、ヒアルロン酸、自己脂肪が中心に使用されてきました。
ヒアルロン酸はリーズナブルに気軽に治療できる反面、効果期間が限定的、まれにカプセル形成や石灰化によるシコリ、アレルギーや感染による炎症等の問題があります。
脂肪の注入は、一度定着した脂肪は永続的に残るのですが、定着率の低さ、脂肪壊死や石灰化の問題があります。
これらヒアルロン酸・脂肪注入のメリットを生かし、デメリットを抑えた新治療がCRF(コンデンスリッチファット)アンチエイジングとなります。

CRFアンチエイジングで使用する脂肪は、採取した脂肪を外気に触れないまま遠心分離にかけ、特許を取得した特殊なフィルターでシコリの原因になる死活した細胞や細胞膜などの不純物を除去した研ぎ澄まされたものです。
そのため、石灰化や脂肪壊死といった従来の脂肪注入の欠点がクリアになり、高い定着率が可能になりました。

CRFアンチエイジングの適応部位

フェイス(顔)施術比較

ヒアルロン酸注入 脂肪注入 コンデンスリッチファット
注入
治療内容 注射器でヒアルロン酸を注入する。 吸引した自分の脂肪をそのまま注入する。 吸引した自分の脂肪をコンデンス(濃縮)技術により、濃縮脂肪細胞(CRF)とし注入する。
適応 部分的な改善 顔全体(頬、こめかみ、額、目の上、鼻唇溝) 顔全体(頬、こめかみ、額、目の上、鼻唇溝)
メリット 注射だけで手軽 何度も繰り返す必要がない 何度も繰り返す必要がない
デメリット 吸収されてなくなるので繰り返し必要。 部位により定着率が悪い(こめかみなど)しこりになりやすい 高価
定着率 - 40~70% 90%以上
持続効果 約1年で吸収される 短い 長い
肌質の改善効果 なし あり あり
質感 硬い。透明に透けて見えやすい。 しこりになりやすい 自然
施術時間 数分 約1時間 約1時間半
注入する脂肪の質 - コンデンスされていない脂肪(死活・老化細胞を含む) コンデンスされた健全な脂肪細胞(CRF)
術後の痛み ほとんどない ほとんどない ほとんどない
合併症の可能性 皮下出血、硬結(しこり) 皮下出血、目の上のしこり 皮下出血
施術可能施設 皮膚科(美容)、美容外科 美容外科 CRF認定施設のみ

脂肪注入のメカニズム(吸引脂肪から注入脂肪までの流れ)

脂肪注入のメカニズム(吸引脂肪から注入脂肪までの流れ)

技術の特徴(ウェイトフィルター)

1.ウェイト効果

通常の遠心分離の約25倍のG(圧力)をかける

ウェイト効果

2.フィルタリング

コンデンスリッチファットと
排泄オイル(トリグリ)を分離

ウェイト効果

3.空気に触れないプロセス

全てのプロセスを
空気に触れないシリンジ内で行う

ウェイト効果

症例

施術前/施術12週間後/施術21週間後

アンチエイジングを大阪でお考えなら|大阪雅-miyabi-美容外科