アンチエイジング(しみ・しわ・たるみ)-ヒアルロン酸・ボトックス注入|大阪・心斎橋、関西方面の美容整形は大阪 雅-miyabi-美容外科

大阪雅-miyabi-美容外科

メスを使わずヒアルロン注射やボトックス注射でお悩みを解決します。

注目の情報

モバイル版

アンチエイジング

目の上のたるみとり

目の上の加齢現象は2種類あります。 くぼみが強く目立つ場合と、皮膚のたるみが目立つ場合です。 治療方法は異なりますが、まずは症状が現れる原理を理解する必要があります。

目の上の皮膚のたるみ

目の上の皮膚のたるみ

一般的に日本人の顔の老化は25歳から始まるといわれています。 特に目の周りは皮膚が非常に薄いため、最初に老化を実感することが多い部分です。 目の上のたるみは目尻側から顕著に出現し「最近まぶたが重くなってきた」「垂れ目に見えてきた」「二重のラインが薄くなってきた」等の症状を自覚してきます。 症状が軽い場合は、二重まぶたの手術で皮膚の折り込みを広げたりヒアルロン酸や脂肪の注入で張りを与えることで改善することが可能ですが、たるみが強い場合は皮膚の切除が必要となります。 実際どの程度まで改善するかは、シュミレーションすることもできますので、まず一度診察に御来院下さい。

加齢による目のクボミ

加齢による目のクボミ

眼球は、眼窩と呼ばれる骨の空洞におさまっていますが、眼球と骨の間には眼窩脂肪という脂肪が存在しています。 この脂肪は眼球全体をクッションのように覆っており、眼球を衝撃から保護しています。 加齢とともにこの眼窩脂肪は、上図の矢印方向に回転していきます。 その結果、目の上は「クボミ」が出現し目の下は「タルミ」が現れます。

  • ・目の上の「クボミ」⇒ヒアルロンサンや脂肪の注入
  • ・目の上の「タルミ」⇒目の上の皮膚の切除、二重手術
  • ・目の下の「タルミ」⇒筋皮弁法、ハムラー法、経結膜脱脂法

目の上の「タルミ」とり手術について

目の上の「タルミ」とり手術について

目の上の「タルミ」とりの手術について 現在二重の方はそのラインで、現在一重瞼の方はご希望の二重のラインに沿って切開します。 手術前に座った状態でデザインを行い、そのデザインに沿った幅で皮膚の切除します。 必要に応じて脂肪、筋肉の切除を行います。

注意!!

切除する皮膚の幅は必ず座った状態でデザインし適切な量を定めなければいけません。 他院で手術を行い、むやみに幅を広げすぎて目が閉じなくなった方や、筋肉、脂肪の適切な処理を行わなかった事による失敗例がいまだに数多く見られます。 必ず経験が豊富な医師に執刀してもらう必要があるでしょう。

手術時間は1時間、術後5日目に抜糸、7日目からアイメークが可能になります。

アンチエイジングを大阪でお考えなら|大阪雅-miyabi-美容外科